イベント>ワークショップスケジュール

<< 戻る

国際HACCP同盟のインストラクター養成トレーニング
第16回“Train-the-Trainer/HACCP Course”

1999年からJHTCは国際的に認められるHACCPの普及指導者育成のため、IHA(The Intenational HACCP Alliance:国際HACCP同盟) 認定のリードインストラクター養成トレーニング“Train-the-Trainer/HACCP Course”を開催してまいりました。さらに2008年からは農林水産省のHACCP普及のための補助事業にも採択され、低価格での国内開催を実現し現在では約240名もの指導者が国内で国際的HACCP普及に取り組んでおります。

近年、消費者意識や流通構造の変化から品質保証の必要性はますます高まり、特にFSSC22000やSQFなど、GFSI (国際食品安全イニシアティブ) の承認規格を中心に、ISO審査登録機関による認証が進展しております。加えて政府方針の下、行政においても従来の日本型HACCPから国際的なHACCPの導入へと施策方針が大きな転換を見せているところです。

GFSIの認証規格であるFSSC22000やSQF 、BRC、Global G.A.Pなどは、すべてHACCPが根幹をなしており、その国際標準であるコーデックスおよびNACMCF(食品微生物基準諮問委員会)のガイドラインにしたがい、適切なハザード分析に基づくHACCP計画と前提条件プログラム(PRP)の正しい構築と適用が不可欠です。

今年度もIHA認定のTrain-the-Trainer講師である米国食品製造業者協会(GMA)のウォーレン・ストーン氏らを講師に招き、例年通り国内で開催いたします。

3日間のトレーニング講義は日本語に通訳されます。単に国際的に認められるHACCPインストラクターというだけでなく、指導する場面でどのような点に注意し、どのような方法で教えれば受講者がHACCPを理解しやすいのか、その方法を学ぶ成人教育(Adult Education)の内容も盛り込まれ、HACCPのインストラクターとして有効な教授法をより深く修得していただけるものとなっています。

ワークショップ修了者には、国際HACCP同盟(IHA)、GMA連名の修了証が捜与されます。さらに所定の萱録申請を行い、IHAの審査を受けることでIHA認定リードインストラクターとしてIHAに登録されます。登録申請書類の取りまとめ・IHAへの送付や、登録完了通知はJHTC事務局が一括して行わせていただきます。

さらにJHTCでは、修了者の過去のHACCPに関する講師経験やHACCPに関する知識・技術等を見極め、「JHTC認定HACCPリードインストラクター」としての登録を行っています(認定証、および携帯用認定カードを発給。有効期聞は3年間)。JHTC認定HACCPリードインストラクターは、JHTC認定のコーディネーター養成ワークショップでのアドバイザ一、さらには講師としてご活躍いただけるほか、JHTCコンサルティングファームに登録されることでJHTCへの業務依頼を受けることができるようになります。

なお、本トレーニングに参加を希望されます方は、JHTCがコーディネーター養成コースと位置づけているワークショップを受講された方、あるいはそれ以外のワークショップ(トレーニング)を受講されHACCPに関する相当程度の知識を有する方など、HACCPを熟知されている方に限らせていただきます。

主なトレーニング内容

  • 効果的なHACCP 教授法―成人教育スタイルの違い、インパクトのある教え方など
  • HACCP と食品の安全性の相関
  • PRP、OPRP のレビュー(PRP 、OPRP の重要性)
  • (NACMCF のガイドラインに基づく)ハザードの特定
  • ハザード分析から記録、検証に至るHACCP 計画の詳細かつ実用的手順
  • HACCP 計画実施における不可欠要素
  • 従業員教育を含むHACCP 計画の維持管理とその効果の評価法
  • HACCP 実施に伴う法的規制事項
  • 米国食品安全現代化法(FSMA)の詳細解説
  • ハザード分析およびリスクベースの予防的コントロール(HARPC)の説明

講師

米国食品製造業者協会(GMA)
科学政策・新技術担当副社長 ウォーレン・ストーン
アソシエイト・サイエンティスト アイ・カタオカ

開催期日

2015年11月11日(水)〜 13日(金)

開催場所

TKP神田駅前ビジネスセンター

東京都千代田区鍛治町2-2-1
三井住友銀行神田駅前ビル 5F (事務所:5F)
電話 03-4577-9240

アクセス

●JR山手線 神田駅 南口 徒歩2分
●東京メトロ銀座線 神田駅 1番出口 徒歩3分
●JR総武線 新日本橋駅 徒歩4分
http://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/bc-kanda-ekimae/access/

参加申込締切日

定員に達しましたので参加お申込みを締め切らせていただきました

定員

28名様
※社内でのHACCPチーム編成を視野に、各企業で複数名様のご参加をお勧めします。

ご参加費用

お一人様10万円
ご参加費用には、昼食代、リードインストラクターとしての認定登録(3年毎更新)費用(5万円)が含まれます。JHTCではワークショップの受講終了証の発給と同時に、リードインストラクターとしてJHTCの会員登録をさせていただいております。
リードインストラクターとしてJHTC会員登録をされると会員参加費無料、Eラーニング対応のフォローアップセミナーや研究会などの参加を通して最新情報を共有できます。
※今年度はHACCP研修会が補助事業の対象となっています。

最低催行人数

20名様(20名様に満たない場合は中止させていただくことがございます)

キャリア形成促進助成金(大企業1/3、中小企業1/2)の対象となる場合がございます。恐れ入りますが、詳しくはウェブサイトで「キャリア形成促進助成金」とご検索、ご確認ください。

主催

日本HACCPトレーニングセンター
〒162-0801 東京都新宿区山吹町332オフィス87
(株)鶏卵肉情報センター内 
TEL 050-5808-9809 FAX 03-3268-1106
E‐mail:info@jhtc-haccp.org

参加申込フォームはこちら<<

<< 戻る

▲このページのトップへ戻る

組織

組織
会員
コンサルタント登録
エリアオフィサー制度
公共事業への取り組み

活動内容

ワークショップ研修事業
HACCP関係解説
コンサルタント紹介・相談窓口
会員向けページ

イベント

日本HACCP
トレーニング・センター事務局
(株)鶏卵肉情報センター・東京支社内
〒162-0801
東京都新宿区山吹町332 オフィス87
TEL:03-3267-4595
FAX:03-3268-1106
(JHTC専用IP電話)
TEL:050-5808-9809

食×農MOOCは、ウェブを活用したオンデマンド講義配信システムです。食品安全に関する最新情報を、職場やご自宅に居ながらにして学習できます